トップ / 帯を引き立てる帯揚げ選び

振袖の帯の結び方

帯を引き立てる帯揚げ選び

帯揚げで華やかさをプラスする

振袖は小物を変えることで全然違った印象になります。同じ振袖に同じ帯でも帯揚げをどんな色や柄にするかというだけでその印象は大きく変わります。そもそも振袖に馴染みのない方は「帯揚げ」とは何のことだろうと思われるかもしれません。帯揚げを含め帯を華やかにしてくれる上手な小物選びのコツをお伝えします。

●帯をひきたててくれる帯揚げ
振袖を着たときに帯の上からちらりと見える布が帯揚げです。帯と着物を調和させてくれる大切な小物です。また、帯を結ぶ際に使う帯枕と呼ばれる紐のついた小さなクッションを包むために用いられるものです。
帯揚げには3つの種類があり、くしゅくしゅと絞り染めになっている「絞り」と、つるつるとした「綸子」、でこぼことした「縮緬」です。そして、絞りの中に全体を絞り染めした「総絞り」と一部分を絞り染めした「部分絞り」とがあります。

●帯揚げの選び方
帯揚げなどの小物を選ぶ際には、着物の色や柄、帯や帯締めとのバランスを考えて選ぶようにします。たとえば、帯揚げの場合は振袖や帯に入っている色のもの、あるいは着物や帯の大部分を占めている色の反対色のもの、振袖や帯と似た柄のものなどを選ぶとそれぞれの持つ美しさを引き立てることができます。

礼服には白ベースの淡い色の帯揚げが使われることが多いですが、振袖には華やかでカラフルな帯揚げが一般的に好まれています。また、振袖には若々しくボリュームのある総絞りの帯揚げを使用するのも一般的です。帯揚げの素材にはキラキラしたものや発色のキレイなものなどもありますから選ぶ楽しみが広がります。

お母さんから譲り受けた古典的な印象の着物や帯でも、帯揚げなどの小物を華やかなものにするだけで自分らしい印象を演出することができます。