トップ / 帯締めで全体を引き締める

振袖の帯の結び方

帯締めで全体を引き締める

帯締めをアクセントにする

振袖を着付ける際にはさまざまな小物が使われますが中でも帯を締める際に帯締めは帯の上から締めるため全体を引き締めて、アクセントとなる小物です。さらに、帯の形が崩れないように保つという大切な役割もあります。帯締めをどのようなものにするか、どのような締め方をするかで振袖を着た際の全体の印象が大きく変わります。

●帯締めにはどんな種類があるか。
帯締めは一本の細長い紐で、その編み方には大きく分けて3種類あります。丸く編まれたものを「丸組」、平たく編まれたものを「平組」、中に綿が入っているものを「丸ぐけ」といいます。丸ぐけは花嫁衣装などにしか使われず、振袖を着る際は丸組か平組のどちらかが使われます。
振袖を着る際に一般によく使われているのは丸組で太目の帯締めです。しかし古典的な柄の着物には平組の帯締めの方が合うといわれています。また丸組や平組を問わず、金糸や銀糸の入った帯締めやパールの飾りがついた帯締め、チェーンがついた帯締めなどバリエーションが豊富に存在します。

●帯締めの結び方にはどんなものがあるか。
帯締めの結び方で最も一般的なのは結び目が体の正面にくる本結びです。しかし、さまざまなアレンジされた代わり結びの方法があり、2本の帯締めを2回からげて結ぶ藤結びやお花のようで可愛らしい印象の白詰草結び、桜の花びらをイメージした可憐な印象の桜結びなど自分の好きな結び方を選ぶことができます。

事前に自分のイメージにあった結び方を探しておき、着付け師さんに希望する結び方の写真を送っておくと安心です。せっかく振袖を着付けてもらうのですから、自分のイメージ通りの着付けになるように着付け師さんと相談するなどして事前によく打ち合わせておくようにしましょう。